ブラッシング

サラツヤになる!?ブラッシング

最近やっている人の少ないブラッシング。

しかし、ブラッシングはキレイな髪を手に入れるためには必要なことだそうです。
髪のパーツモデルで有名な人もブラッシングは欠かせないそうです。
では、なぜ最近ブラッシングをしている人が少ないのでしょうか。

 

それは、シャンプーのせいだとも言われています。
市販の1000円以下のシャンプーを使っている人が多いと思います。
しかし、そのようなものは実はキッチン用洗剤で髪を洗っているようなものだそうです。
そのようなもので洗っていれば、髪が傷みブラッシングをすると逆に傷んでしまうことがあります。
それをシャンプーのせいではなく、ブラシのなど様々なものに原因があるようにしているためブラッシングをしている人が減少しているようです。
確かに髪をとかすと抜け毛や切れ毛が気になってしまいあまりしっかりしていなかったように感じます。
しかし、ブラッシングは間違わずにおこなうことでツヤが出てしなやかなキレイな髪になるそうです。

 

ブラッシングをおこなうと頭皮の血行が良くなったります
血行が良くなると髪にしなやかなキレイになります。
シャンプー前におこなうとほつれを取り切れにくくすることと、汚れが浮きキレイに洗うことが出来ます。

 

 

 

用意するもの

 

ブラシor櫛

 

ブラッシング方法

 

ブラッシングは基本いつしてもOKです。
特におススメなのは、シャンプー前とセット前です。

 

1.毛先をほつれを取りつつ梳かす。
2.毛先の次は中間辺りから梳かす。
3.次は根元から梳かす。
4.全体に櫛が通るようになったら、何回か梳かす。

 

これだけです。
ほつれは無理に櫛を通さずに少しずつ梳かし、ほつれをとりましょう。
ブラッシングに使う櫛やブラシ選びはとても大切です。
おススメは木製・動物の毛です。

 

 

 

ツヤ
手触り
手軽さ
おススメ

 

私は木製の櫛でブラッシングをしてみました。
パーツモデルの人も高級なつげ櫛以外は使わないそうです。
さすがに1万円近くするものをいきなり買うのは怖かったので、お手軽な100均で購入したつげ櫛です。
ブラッシングしてすぐに髪の違いを実感することが出来ました。
今まで使っていたプラスチック製のものだと手触りがなんとなくチクチクするような感じでした。
それが触ってみるとチクチクがかなり軽減していました。
さらに、冬の最大の悩みと言ってもいい静電気も全く立っていませんでした。
これは木製のもので梳かしたため、静電気が立たないそうです。
指通りもサラサラした感じです。
セット前にブラッシングすると、髪がまとまりやすくセットが楽でした。

 

ブラッシングするだけでここまで変わるとは思わなかったので、これからも続けていこうと思います。
100均の櫛でこれだけなので、今度はちゃんとしたつげ櫛を買おうと思います。

 

かなりおススメです!!


ホーム RSS購読 サイトマップ